×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

耕運機のことならここで解決!!目指せ耕運機マスター!

耕運機

耕運機とは、
広く使われている農業機械の一つ
主に農業用途。

  

耕運機とは?

耕運機とは田んぼや畑などを耕すために使われる農業機械。

耕運機の正式名称は耕耘機と言うのだが常用漢字の「運」のほうを用いて使われるほうが圧倒的に多い。検索でここにたどり着いた方はこの事実を知らなかった人も大勢いるかと思う。

耕運機の概要について説明しよう。耕運機は回転部のロータリーを3本のタイヤで支えている。人が後ろから押して耕すといったものだ。この機械は人間が動かすので、軽く、そして操作しやすいようにできている。近頃は家庭菜園がはやっていることから、各社もっと小型で性能を追及したタイプがでているようである。

耕運機の上の機械といったらトラクターだ。でもトラクターは本当に大きい田んぼをもっていないと使わない機械だと思う。 だから小型で低価格な耕運機がなくならないのだろう。

購買層は農業専門の方から家庭菜園までと幅は広がっている。一家に一台の時代もくるかもしれない。

耕運機の用途。

もちろん農業用途です。田んぼで耕したすために使う機械です。耕運機でも小型なんだが、これより小さいものは管理機ともよばれている。けっこう音がうるさい。ロータリーとも言う。農業作業でトラクターの次に事故が多い機械でもある。おもなぬ事故には十分気をつけてほしいと思う。ふと手にとった時は、このサイトで得た知識を思い浮かべてみてください。きっと人生で役に立つ知識だとおもいます。


耕運機の歴史

耕運機が日本で普及したのは次の通りだ。
アメリカから輸入された小型耕耘機が爆発的な普及を見せた。それは1950年頃と言われている。
そのまま普及台数は増加し、これは日本農業機械化のなかでもめまぐるしい成長率であった。
最初の動力源はモーターなどだったが、ガソリンやディーゼルエンジンへシフトしていった。

耕運機をもっと知る

大手検索サイトから検索するのが一番だと思う。ヤフーやグーグルなどが一般的か。

他に書籍を見るのもいい手だと思う。書店に行ってもいいし、図書館に行ってもいい。図書館ならすぐに見つかるだろう。そしてすぐ情報を手に入れることができるだろう。近頃の図書館は検索端末が置いてあり、すぐ目的の本が見つかるシステムになっている。時代も変わったものだ。

この検索端末は大体はタッチパネル式になっているものが多いと思う。タッチパネルの言葉のとおりにさわって操作するタイプだ。これなら年配の方でも使いやすい。考えられている。もし、操作方法が解らなければ、近くにいる図書館職員に声をかければ新設に教えてくれるだろう。

他には知人の知識に頼るという手もある。もしかしたら凄く詳しい人かもしれない。意外に身近にいたりするものだ。

知識なんていうものは長年の積み重ねによって培われるものだ。ここでまた一つ新しい知識を手に入れた。頭の片隅にでもいれといて、いつかふと思い出してみてほしい。

Copyright (C) 2007 耕運機とは? All Rights Reserved.