×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電話代行のことならここで解決!!目指せ電話代行マスター!

電話代行

電話代行とは、
広く使われている形態の一つ
主に依頼者の代わりに電話代行を行う。

  

電話代行とは?

電話代行とは依頼者の代わりに電話応対をするサービスの総称。

電話代行の別名は秘書代行。電話を受け取るのは秘書の仕事なので、それを代わりにやってもらうと言う意味で秘書代行とも呼ばれる。

契約するときに保証金や身分証名称が必要なことが多い。保証金が必要なのは電話回線をつかうためだ。 電話代行の業者は私設秘書箱も運営していうことが多数ある。私設秘書箱というのは業者が与えるサービスの一つで、私書箱に郵便物がきたら転送したり保管したりといったサービスだ。

電話代行業者の形態は二つあり、一つは電話番号を貸すだけのもの。もう一つは依頼者の電話回線にかかってきた電話を電話代行業者に転送し、代行業者が応対をするといったものだ。

近年本当にこの電話代行を使用する会社が多い。これも起業ブームのおかげだろう。

電話代行の用途。

いつも家にいない個人事業主がクライアントの電話を逃さないために使うのが多いと言える。あとは東京や大阪といった一等地に事務所があるとみせるためにこのサービスを利用する人も大勢いるといえるだろう。一等地にあるということはそれだけで信用につながる、つまり信用を金で買うわけだ。このような使い方はフェアではないと思う方も大勢いるだろうが、こういうサービスも多く使われているというのが現状である。


電話代行の歴史

電話代行が日本で普及したのは次の通りだ。
このサービスは昔からあるといえよう。それはNTTの転送電話サービス(現ボイスワープ)が昔からあるという事実を知れば明らかだ。ちなみにコールセンターというのも電話代行に入る。

電話代行をもっと知る

大手検索サイトから検索するのが一番だと思う。ヤフーやグーグルなどが一般的か。

他に書籍を見るのもいい手だと思う。書店に行ってもいいし、図書館に行ってもいい。図書館ならすぐに見つかるだろう。そしてすぐ情報を手に入れることができるだろう。近頃の図書館は検索端末が置いてあり、すぐ目的の本が見つかるシステムになっている。時代も変わったものだ。

この検索端末は大体はタッチパネル式になっているものが多いと思う。タッチパネルの言葉のとおりにさわって操作するタイプだ。これなら年配の方でも使いやすい。考えられている。もし、操作方法が解らなければ、近くにいる図書館職員に声をかければ新設に教えてくれるだろう。

他には知人の知識に頼るという手もある。もしかしたら凄く詳しい人かもしれない。意外に身近にいたりするものだ。

知識なんていうものは長年の積み重ねによって培われるものだ。ここでまた一つ新しい知識を手に入れた。頭の片隅にでもいれといて、いつかふと思い出してみてほしい。

Copyright (C) 2007 電話代行とは? All Rights Reserved.