×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レンタルオフィスのことならここで解決!!目指せレンタルオフィスマスター!

レンタルオフィス

レンタルオフィスとは、
広く使われているオフィス形態の一つ
主に起業オフィスとしての利用。

  

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは業務に必要な机や椅子、スペース、インフラがすべてそろった貸事務所の総称。

レンタルオフィスの運営形態は多くある。主なものは期間貸しが多いのではないだろうか。期間貸しとは月極いくらという形で借りる形態のことだ。サービスは上から下まであり、値段によって大きく変わってくる。

第二に時間貸しという形態がある。時間貸しはビジネスセンターに近い。普段使ってるモバイル機器を持ち込んで作業をする人が多い。インフラが整っているのでちょっと立ち寄って仕事してでていく。そんなスタンスで使われることが多い。大手企業が法人契約を結び、サテライトオフィスとして使うといったことも多い。

最後にバーチャルオフィス。この形態は住所や電話番号を貸与し、そこに来た郵便物や電話を転送することによってそこにオフィスがあるかのように見せかける。顧客の多くが都心部にいる場合、都心部に事業所があるほうがよいだろう。だが、そんな予算は出せないといったときにこの形態が役に立つ。

近年本当にこのレンタルオフィスを使用する会社が多い。これも起業ブームのおかげだろう。

レンタルオフィスの用途。

もちろんすべてがそろったオフィスを使うためです。起業オフィスとしての利用も多い。最初はお金がないのでこのようなサービスが増えてきたのは起業家の方にはうれしいのではないでしょうか?期間貸しの場合、これは事務所開設ということになってしまうので税務署に開業届けを出すのは必須。これがないと脱税になってしまうこともあるので注意が必要です。


レンタルオフィスの歴史

レンタルオフィスが日本で普及したのは次の通りだ。
昔は私設秘書箱に郵便物を送ってもらい転送といった形が多かった。しかし1990年代後半からインターネットが普及し始め、これによって時代はIT化にシフトしていった。気軽に借りることができ、すべてがそろっている。これは顧客のニーズにマッチしレンタルオフィスを貸す企業がどんどん増えていった。

レンタルオフィスをもっと知る

大手検索サイトから検索するのが一番だと思う。ヤフーやグーグルなどが一般的か。

他に書籍を見るのもいい手だと思う。書店に行ってもいいし、図書館に行ってもいい。図書館ならすぐに見つかるだろう。そしてすぐ情報を手に入れることができるだろう。近頃の図書館は検索端末が置いてあり、すぐ目的の本が見つかるシステムになっている。時代も変わったものだ。

この検索端末は大体はタッチパネル式になっているものが多いと思う。タッチパネルの言葉のとおりにさわって操作するタイプだ。これなら年配の方でも使いやすい。考えられている。もし、操作方法が解らなければ、近くにいる図書館職員に声をかければ新設に教えてくれるだろう。

他には知人の知識に頼るという手もある。もしかしたら凄く詳しい人かもしれない。意外に身近にいたりするものだ。

知識なんていうものは長年の積み重ねによって培われるものだ。ここでまた一つ新しい知識を手に入れた。頭の片隅にでもいれといて、いつかふと思い出してみてほしい。

Copyright (C) 2007 レンタルオフィスとは? All Rights Reserved.